「プロポーズを断った同期入社の元カレともう一度やり直したい」を占ってみた

35歳女性です。

同期入社で一時期付き合っていた元カレが、人事異動でまた、同じ部署に戻ってきました。

当時、地方に異動になった元カレに、結婚してついてきてほしいといわれたのを断ってお別れすることになりました。

同じ会社ではありますが、遠距離になってしまうこと、私自身も仕事が好きだったのでやめる気がなかったこと、結婚して仕事を辞めることが前提のような話だったことから、プロポーズを受ける選択肢がなく話し合ってお別れしました。

その時はそれが最善だと思っていたんです。

でも、今、自分の年齢的にもそろそろ結婚を考えなければ子供は持てないのだろうと思うと、以前ほど仕事に情熱を持てないこともありできれば復縁できないものだろうかと考えています。

ただ、あれから全く連絡も取っていなくて、元カレがこちらに戻って来ることになったのも同期の噂話から知ったような状況で、今更どんなふうにコンタクトを取ればよいのか悩んでしまっています。

話しかければいいだけなんですが、同じ部署でもチームが違うため、なかなか二人になる機会はありません。

連絡先も知ってはいますが、ブロックされていたらと思うと不安で・・・。

・私から連絡をとって、返信が来るか

・相手もやり直したいと思ってくれるか

占いですべてわかるなんて思ってはいませんがちょっとでも元カレの気持ちを知りたいんです。

占ってほしいです。

占いたい・知りたいことの確認

今は女性の社会進出も当たり前であり、共働きのご夫婦も多いご時世です。

だからと言って、会社組織がしっかりと家族のことを考えて赴任先を決めてくれるとは、よほどの大企業でない限りあまり期待できないものですね。

特に、まだ結婚していないカップルの場合、どちらかがステップアップのために異動になるなんてことは当たり前にあることなのでしょう。

同期であれば、同じように切磋琢磨して仕事にやりがいを感じ始めた頃、お付き合いをしていれば結婚も視野に入れるような年齢になりますね。

その時の決断は、本当にむつかしいものだったでしょう。

今、元カレとのご縁がどのようになっているのか、つながりはまだあるのか、それとも、もうご縁そのものがなくなっているのか。

タロットカードがどのような答えを出してくれるのか見ていきましょう。

占いを開始する前に、知りたいことを確認しておきましょう。

あなたの知りたいことは、

①私から連絡をとって、返信が来るか

②相手もやり直したいと思ってくれるか

ということですね。

では、占ってみましょう。

カードの配置

タロット占いの中には様々なスプレッド=占術があります

どの占術をつかうのかは占者によっても質問によっても変わります。

今回は質問の数が2つですので、ランダムに選んだ2枚のカードの意味をそれぞれ解釈していきましょう。

使用するカードは全78枚です。

大アルカナ、小アルカナ全てを使って占いを行います。

①私から連絡をとって、返信が来るか

②相手もやり直したいと思ってくれるか

今回は、①② として見て行きます。

以下のカードが配置されました。左から

①:ペンタクル5_R私から連絡をとって、返信が来るか

②:カップ5_R相手もやり直したいと思ってくれるか

占ってみた

タロットカードには、それぞれに意味があります。

ただ、その意味は抽象的であったり、質問に対する的確な回答ではない場合もあります。

カードの持つ本質的な意味を基本とし、質問者の相談内容に対する解釈をしていくのがタロット占いです。

まず、カードの解釈をしていきましょう。

①の質問、「私から連絡をとって、返信が来るか」について、カードはペンタクル5_Rでした。

このカードには、明るい兆し、困難の末の助けを得ると言った意味があります。

カードの意味だけを考えれば、返信に希望や期待を持ってもよいでしょう。

紆余曲折はあれど、誰かの助けを借りて元カレとのつながりを得ることもできるようです。

②の質問、「相手もやり直したいと思ってくれるか」について、カードはカップの5_Rでした。

このカードには、友人や恋人との再会、新たなる縁が結ばれる、期待や希望を持つといった意味があります。

あなたと元カレの縁は切れてしまったわけではないようです。

同じ相手ではありますが、新たな縁が結ばれ、新しい関係を築いていくことができるでしょう。

過去のお別れについては、人生の成長のために必要なことだったのでしょう。

お別れの仕方も互いに納得してのことであれば、再会後に声をかけることにもさほど問題はないでしょう。

気持ち的には、プロポーズを断ってしまったあなたのほうに気おくれがあるかもしれませんが、きちんと気持ちを告げていることを考えれば、もう一度声をかけることにためらう必要はありませんよ。

数年ぶりに元カレとの個人的な再会を果たすのは、自分の力だけでは難しい側面もあるでしょう。

困難の末助けを得る、という意味を考えると、あなた自身が行動するというより、同期の中の友人や、相手方の友人が何らかの手助けをしてくれるかもしれませんね。

一度お別れした相手との復縁は、どうしても以前と同じ状態を望みがちですが、今回の元カレとの復縁についてはそうでないことを忘れないで。

一度お断りした時点で、あなたと元カレの縁は一旦フラットな状態になっています。

完全に切れたわけではないけれど、恋人で会ったときの関係とは全く違うご縁だと理解してほしいと思います。

そして、今回の再会で、あなたと元カレは新しい関係性とご縁をつないでいくのです。

以前ほど仕事に情熱を持てない、とありましたが、だから結婚してついていきたい、というのでは関係はうまくいかないでしょう。

仕事と恋愛は別のものとして、しっかりと地に足の着いた生活をしていくうえでこそ新たなる縁が結ばれるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました