タロットカード【大アルカナ】の意味一覧22枚【ウエイト版】

タロットカードに興味がある。

カードの意味を知りたい。

タロットカードの絵柄はどんな意味を持っている?

タロットカードの意味を説明していきす。

タロットカードの起源

タロットカードの起源は古く、古代エジプトや古代ユダヤにあるとする学説もあります。

根拠とされるものはなく、発祥は不明というのが正しいでしょう。

記録されている限りでは1392年の「シャルル6世のタロット」が最古とされていますが、現存するカードはありません。

現存する最古のものは15世紀半ばの北イタリアで制作された「ヴィスコンティ・スフォルツァ版」です。

最初は数字のみだったタロットカードが様々な時代を経て現在使用されているタロット=ウェイト版(ライダー版)へと形を変えてきたです。

アーサー・エドワード・ウェイト策の「ウェイト版」タロットは、それまでのタロットとは大きく違い、数字だけだった小アルカナのカードにも絵柄が与えられました。

このタロットカードが現代へと続いているのです。

タロットカード大アルカナの一覧

タロットカード全78枚のなかの22枚が大アルカナカードと呼ばれるカードです。

残りの56枚は小アルカナカードと呼ばれ、カップ・ワンド・ソード・ペンタクルの4種類14枚のカードから成り立っています。

タロットカードの絵柄がどのような意味を持ち、未来を暗示しているのか。

ここでは大アルカナカード12枚のの絵柄・意味についての解説をしていきましょう。

解説の対象となるタロットカードはウエイト版です。

※カードを選択すると説明にリンクします。

意味を知りたいカードを選んでクリックしてください。

0:愚者 1:魔術師 2:女教皇 3:女帝 4:皇帝 5:法王 6:恋人 7:戦車 8:力 9:隠者 10:運命の輪

11:正義 12:吊るされた男 13:死神 14:節制 15:悪魔 16:塔 17:星 18:月 19:太陽 20:審判 21:世界

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました