タロットカード【ウエイト版】大アルカナ【塔】の意味

【ウエイト版】大アルカナ【塔】のカードの意味を解説します。

正位置で配置された場合

逆位置で配置された場合

それぞれの全般的な意味と解釈をご紹介していきましょう。

大アルカナ【塔】

16 塔

土台の脆い場所に建てられた野心を表す塔が描かれています。

神の雷により崩壊する塔はバベルの塔と解釈できるでしょう。

塔の上にあった冠が雷により跳ね飛ばされ落ちて行きます。

物質的なものを象徴する塔の崩壊は魔の国の崩壊を意味しています。

高くそびえたつ塔は人々の富や物質的な豊かさにより作られたいわば人類の進化や発展の象徴でもあります。

そして、そこまでの文明を作り上げた人々の驕りを表してもいるのです。

その塔に神の怒りの鉄槌が降り降ろされ、落ちていく人々は思いもかけぬ天罰になすすべもなく命を奪われていくのです。

このカードの真意は、人が思い上がりおごり高ぶることに対する罰を表しているのです。

正位置のキーワード

・災難・破局

・唐突な変化(良くない変化)

・災厄・惨事

・不名誉を被る

・転落

正位置の場合の解説

突然訪れた災難になすすべもなく状況は一変し転落の一途を足ることになるでしょう。

これまで築き上げてきたものが一瞬にして崩壊する現実を見ることになるでしょう。

信頼も確信も全てが失われ、理由もわからずに天罰かのごとき転落を味わうことになるのです。

理由はわからないでしょう。けれど、確たる理由があるはずです。

なぜこうなってしまったのかに気づかなければなりません。

気づくことができれば変化は革新となり、新たなる道を歩むための必要な崩壊であったと理解できるでしょう。

リーディングの例Ⅰ

事実であると認めざるを得ない突然の変化

うまくやってきたはずなのに・・・そんな言葉を漏らしてしまうような出来事が起こってしまいそうです。

あなた自身か、相手なのか。

二人の間には大きな衝撃が走ることになるでしょう。

今後の関係も大きく変化してくることは避けようがありません。

リーディングの例Ⅱ

トラブル発生!要注意は自身の考え方

あなたは問題とも思っていなかったことが、実は大きな問題の原点だった・・・

というような事態に陥りそうです。

二人の関係にも大きな変化が現れることになるかも?

自身の考えに凝り固まるよりも、他者の意見をしっかりと聞くことがポイントとなりそうです。

逆位置のキーワード

・受難(誤解や嘘による非難)

・長期にわたる不安

・切迫した状況が続く

・トラブルの連続

逆位置の場合の解説

誤解によるトラブルが発生する恐れがあるでしょう。

なにもしていないはずなのに、他人の罪を着せられるなど不名誉な状況に陥る可能性が高いのです。

しかし、そこには全く理由がないわけではなく、直接的な原因ではないにせよあなた自身に何らかの原因があることに気づく必要があるのです。

なあなあにしてきた事がここにきてトラブルの原因となってしまうのです。

そして、そのトラブルは簡単には片付くことはなく、残念なことにあなた自身の心を壊してしまうほどに大きなダメージを与える可能性もあるでしょう。

なぜそうなってしまったのか、どうすればそうならなくて済んだのか、誰との関係がこのトラブルの原因なのかなど、自身の言動や考え方を変えていく必要があるでしょう。

リーディングの例Ⅰ

今の混乱は今後のための必須条件

ちょっと苦しいな・・・そんな気持ちになりそうな今のあなた。

相手との関係で自分自身の立場に自信が持てなかったり、

一緒にいるのに一人のような孤独感を味わったり。

でも、そんな思いはこの先の二人の関係にとってとても大切なものなのです。

めげないでもう少し頑張ってみて。

リーディングの例Ⅱ

予感的中。別離は必然と考えて

問題がある相手との関係に、一旦はこのままで続けていこう、となるかもしれません。

けれど結局は終わりのみえている関係なのだということを覚えておいて。

霧散したように見えた不安は、そののち現実のものとして二人の関係に大きな影を落とすことになるでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました