タロットカード【ウエイト版】大アルカナ【運命の輪】の意味

【ウエイト版】大アルカナ運命の輪のカードの意味を解説します。

正位置で配置された場合

逆位置で配置された場合

それぞれの全般的な意味と解釈をご紹介していきましょう。

大アルカナ【運命の輪】

10 運命の輪

カードNoのである10は大アルカナの中心に位置するという意味でもあります。

宇宙のすべてを意味する数が10という数字です。

1から4までの数字を足すと丁度10になりますが、この4つの数字を足すということに関わるのがカード内の4隅に描かれた動物なのです。

ここに描かれた4種類の動物は、おうし座・しし座・蠍座・水瓶座です。

これらは、宇宙の4大要素である地・火・風・水をそれぞれ表していることになります。

中央にある輪は人生の流転の永久運動を示しており、原因と結果、作用と反作用といった因果関係を意味しています。

左手に描かれた下に向かう蛇はエジプトの悪心セトを表しており、右手の上に向かっているのはエジプトの守護の神アヌビスです。

輪の中心には輪留めがあり、宇宙の力を表しています。

スフィンクスは流転する車輪の上でゆらぎ無い平衡を保ってそこに在ります。

運命の業に翻弄されることの無い高次の存在を表しているのです。

正位置のキーワード

・好転する運命

・転機

・慶事や幸運

・チャンス

・新たなる出会い

正位置の場合の解説

新たなる展開を期待することができるでしょう。

正しく努力した結果は正しく喜ばしい結果に、悪意ある努力の結果は悪意ある残念な結果を向かえるでしょう。

大きなチャンスがあなたにおとずれ、転機となるでしょう。

新しい出会いや、それによる喜ばしい未来を期待することができるでしょう。

チャンスをしっかりと生かすことができるよう日ごろの努力が大切となります。

現状は芳しくなくともこれからを期待できる大きな転機となる出来事が期待できるでしょう。

リーディングの例Ⅰ

運命の相手との出会い

相手との関係が次のステップに上がっていくでしょう。

これまではただの友人だった相手との恋に発展するなど、円満で良好な関係を築くことができるでしょう。

この人でなければ、という相手との出会いの可能性もありますよ。

楽しみにしながらタイミングを逃さないようにしてくださいね。

リーディングの例Ⅱ

山あれば谷あり

人間の一生のサイクルは常に良い事ばかりではありません。

相手との関係もしかり。

良いときも悪いときもあるでしょう。

けれど、相手との関係を大切に思うのであれば互いに許容し助け合う関係を続けていくことができるでしょう。

逆位置のキーワード

・状況の悪化

・望まない変化

・アクシデント

・別離

・自業自得の結果

・挫折

逆位置の場合の解説

自身の招いた結果であるとはいえ、思いもよらない結果を迎えることになりそうです。

順調に見えた事業や計画も、急速な悪化を辿る可能性が高いでしょう。

事態をしっかりと把握できないようなアクシデントに見舞われる事もあるかもしれません。

自身の行いを振り返り、どこにミスがあったのかを考える必要があります。

落とし穴に落ちたかのようなトラブルも、よくよく考えてみれば自分自身の行いの結果であると納得できるような因果応報があるのです。

リーディングの例Ⅰ

理由はどこにもないのです

どうしても避けることのできない事故や病気といった外的要因で、あなたと相手との関係は望まないものとなっていくでしょう。

これからを夢見ることができないくらいに運命はあなたと相手の関係をもてあそんでいる、

そんな状況になってしまいそうです。

今はただ、その状況を受け容れ能動的な行動を起こさないことです。

リーディングの例Ⅱ

不運の連鎖を止められない

タイミングが悪い、としか言いようのない今のあなた。

元彼と偶然出会ってしまったときに、今の相手がそれを見ている。

そんなバッドタイミングが連続してしまいそう。

今は何を言い訳しても相手には通用しないと思ってください。

諦めるしかないような状況は変えられない。

動かないで時期が過ぎるのを待つのみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました