大阪府吉村知事の会見でコロナに効果?ポビドンヨード(イソジン)が重症化を防ぐ可能性

大阪府の吉村知事の会見で、うがい薬を使っての「うがい」が新型コロナウイルスの重症化を防ぐ可能性があると発表されました。

一口にうがい薬といっても、全てのうがい薬で効果があるわけではありません。

効果を期待される成分は「ポビドンヨード」。

そして・・・発表を受けた人々はマスクの時と同じ行動に走ってしまうのでしょうか。

ポビドンヨードがコロナに効く?!

吉村知事の会見より。

「ウソみたいな本当の話、ウソみたいな真面目な話をこれからさせていただきたい。皆さんもよく知っているうがい薬を使ってうがいすることによって、コロナの陽性者が減っていく、効くのではないかという研究がでました」

会見で西村府知事の語った「うがい薬」とは、ポビドンヨードなる成分の入っているうがい薬です。

大阪府が医療機関と行った研究によると、宿泊療養中の継承者41人のうちの、1日4回ポビドンヨードの入ったうがい薬でうがいをした人が、うがいをしていない人よりウイルス量が減ったという事なのです。

ここには、但し書きが付く、ということを忘れてはいけません。

「この研究は軽症者が対象」

であるということなんですね。

重傷者はうがいをすることができませんから、当然研究対象にはならないわけです。

うがいの方法から、こうした研究対象者について述べ、接待を伴う飲食店の従業員、医療・介護従事者にうがいを行ってほしいと訴えた後、吉村知事はこう話しました。

「普通に薬局に行ったらどこでも売っているものですから、誰かが買い占めるとすぐになくなっちゃうので。買占めは控えてもらいたい」

ポビドンヨード会見でうがい薬が・・・

ポビドンヨードを含むうがい薬は、ムディファーマの「イソジン」などが知られています。

吉村知事が会見で危惧した通り、ツイッター上ではドラッグストアなどうがい薬の取り扱い販売店に客がごった返す様子や売り切れ状況アドを投稿するユーザーが相次ぎました。

吉村知事の会見により、マスクや除菌剤などと同様消費の混乱を招く事態となってしまったのです。

製薬会社の在庫状況については、「ある程度の在庫はある」との答え。

ただ、ある程度がどこまで持つのかは定かではありません。

「もう少し、メディアの影響を考えてほしかった」

そういった声も後を絶ちません。

既に店頭からは消えている「うがい薬」が今後どの程度消費者に対し満遍なく供給されるのかは、買占めを行う消費者を考えればおのずと予想はつくでしょう。

研究対象者から得た吉報を報告してくれたことには共感できますが、メディアの影響は計り知れないものであることを証明してしまったようです。

ポビドンヨードの入った「うがい薬」について思うこと

「うがい」は、コロナの流行により、手洗いと共に推奨されてきましたね。

インフルエンザの時は、さほど熱心にしていなかったという人も、今回ばかりはうがい手洗いの励行をしっかりと行っているようです。

それほどに恐ろしいコロナは、特効薬もワクチンも今だハッキリとこれが効く!とは言われていません。

そんな中で効果がでた「うがい薬」の成分ポビドンヨードに一般の人たちも大きな期待を寄せてしまうのは当然のことでしょう。

ただ、前回のマスクや除菌剤などの品薄状態が続いたときのことを考えれば、自分が今ここで買占めを行うことで、困る人が出てくるのだということを一人一人が実感し、余分に買うことはしないということが重要だと思うのです。

余談ですが、うがい薬って転売できないことをご存知でしょうか?マスクなどと違い、「うがい薬」は「第3類医薬品」なのです。従って、転売すると「薬事法違反」ということで逮捕されてしまいます。

また、効果の実態について疑問視も多くあります。

ポビドンヨードという成分は、ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分であり、殺菌消毒剤の影響を受けにくいと言われている微生物や細菌に対しても効力を発揮するということを明治のWebサイトに見ることができます。

・妊婦されている方・授乳中の方の多用

・実際に効果があるのかについてはわからない

・健康な人が使用すると良い菌までなくなってしまう

などなど、心配な要素もいくつも上がっています。

こうしたことを考えると、むやみにうがい薬を使用しての頻繁なうがいはいまのところやめておいた方が良いのでは?と考えることもできますね。

一筋の光が見えたような気持ちでその情報を共有してくれようとした西村知事の気持ちをしっかりと受け止めて、一日でも早くワクチン・特効薬が開発されることを祈りつつ私たちは私たちにできることをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました