自分の今後の恋愛運を知りたくてタロットカード占いをした経験談

スポンサーリンク

私が占いをしたのは28歳の頃でした。

ちょうど転職をして秘書の仕事を始めたところで、そこで半年以上経ったくらいのことです。

職場で知り合った女性の先輩と、プライベートでもご飯に行くようになり、いろいろ話をしていると、その先輩が占い好きな人であることがわかったのです。

占い好きな先輩に誘われて

実は私はこの秘書の仕事を始める前に、人生で初めて占いをしてもらったところでした。

たまたま自分が出ていたイベント的なものに占い師さんが来ていて、その占い師さんを知人から紹介されたのでなんとなくやったものでした。

それはタロットカード占いで、その頃ちょうど転職活動をしていて少し行き詰まっていたため、仕事運を占ってもらったのです。

そこで言われたことがぴったり当てはまるような形でした。

その後すぐに秘書の仕事が舞い込んできたこともあって、私自身、「占いって当たるものだな」と思っていたということや、そうやって今の職場に巡り合ったことをその占い好きの先輩にも話しました。

そうしたところ、私も占いに興味を持っていることがわかって先輩は喜んでくれ、彼女自身がずっと定期的に占ってもらっている占い師さんを紹介してくれることになったのです。

どんなタロット占い師だったか

その占い師さんは、以前は仕事としてよく占いをしていたようです。

けれど、占いはとても神経を使うもので体力がいるということと。

占いを商売として利益を得るためのものにあまり使ってしまうと的中率が下がる、つまり占いが当たらなくなるということ。

そうしたことから紹介などを中心にひっそりと占いをしている方でした。

私はその頃、もう1年ほど恋愛に縁がない状態だったため、自分の恋愛や結婚がどうなっていくのかまったく見えず、「今後の自分の恋愛運がどうなっていくのか」を占ってもらいました。

費用は1回1万5千円。彼女がその場で直接するタロットカード占いと、5千円分は彼女が一緒に仕事をしているという方に六星占術で私の星回りを出してもらうために使うということでした。

タロットカード占いは時間制限なく、回数も質問をするたびにカードを切ってくれ、お茶をしながら結局2時間は時間を使ってくださったと思います。

六星占術の方は、結果が出次第、電話でその内容を教えてくれました。

その後もちょっとした質問にはメールで答えてくれたり、彼女自身が霊感で私のことが引っかかったりしたときは紹介してくれた先輩を通じて軽くアドバイスをくれたりと、ありがたいことに後々のケアもしっかりしてくださいました。

初回だけ、私の根本を見なければいけないからということで1万5千円でしたが、その後は改めて会ってタロットカードで占ってもらう場合は1回5千円で見てもらえ、私自身は最終的に計3万円ほどを彼女の占いに使ったことになります。

タロット占いをしてもらって感じたこと

タロット占いをしてもらった内容としては、「いつ頃、どういう形で出会いがあるか」「結婚の可能性があるのはいつ頃か」「どんな相手か」などです。

占い師さんはその答えはもちろん、結婚する相手に出会うまでに私に必要なこととして、私自身の恋愛のクセや、引っかかってはいけない相手や恋愛パターンについても教えてくれました。

また、根本の運気を良くするために、六星占術で見てもらった、ご先祖様などを含めた持って生まれた運についてや、どんな行動をすると運気の巡りが良くなるかということなどについても説明がありました。

彼女のオーラと丁寧で優しい人柄に魅了され、私はしばらくどっぷり占いにハマってしまいました。

ただ、彼女からも言われていた結婚するような相手に出会う時期が33歳とまだ先だったことなどもあり、徐々に占いからも遠ざかってはいったのですが。

しかしその後35歳になり、実際に結婚もした私が今ふと思い返してみると、出会い、結婚の可能性のある時期や、出会い方など彼女の言っていたことが結構当たっていたなと気付きました。

また、結婚相手に出会うまでに自分が人間的に成長するという意味で、彼女から諭された話はとても大きな影響を与えてくれたように思います。

占いは当たる当たらないに執着したり依存してしまうとうまく使えませんが、自分自身を知ったり気付くためのものという捉え方で向き合うと、無駄ではないものだなと思わされる経験でした。

スポンサーリンク
無料タロット占い

プリンセス咲子のプロフィール

カテゴリー

人気ランキング