もしかして運命だった?元彼と8年後の復縁体験談

初めまして。私は、専業主婦をしている26歳女性です。

この体験談は、高校2年生の時に出会った若かりし恋の物語です。

その恋が8年後に再び動き出すとは、高校生の頃には想像もしていませんでした。

そしてそれが私のゴールになるとも思っていませんでした。

元彼とは傷心からの出会いでした

私と元彼との出会いのきっかけは、16歳の高校2年生の時、同じクラスになったことでした。

私は、高校1年生の時に付き合っていた彼氏にフラれ、別れたばっかりで、なかなか忘れられずにいました。

女友達からは「男を忘れるなら男やろ」と、単純な理由で後押しされたのですが、そんな気にもなれずにいました。

日が経つにつれ、元彼のことも想い出として話せるようになり、女友達からある男の子、N君=元彼をすすめられました。

元彼は野球部のピッチャーで、誰から見ても人の良さそうな優しい人で、ソフトマッチョな男の子でした。

とりあえず話しだけでもと、お弁当箱を持って話しかけてみました。たった10分くらいの短い時間でしたが、不思議と惹かれていることに驚いていました。

しかし、連絡先がなかなか聞けず、仲の良かった男友達から連絡先を教えてもらい、最初は誰でしょう?感覚で連絡してみました。

それがきっかけで少しずつ元彼と連絡をとるようになりました。

当時携帯電話で通話すると通話料金が高かったので、夜に家の電話で1時間ほど話すようになり、元彼と私の中で少しずつ恋心が芽生え始め、そして気がつけば告白されていました。

元彼との仲は良好で、ほとんど喧嘩もなく関係が続いていたのですが、付き合って8か月経った頃、部活の引退の時期になりました。

野球を一生懸命頑張っていた元彼の姿が大好きだった私は、バイトや遊びにばかり出る元彼を見て、だんだんと大好きな気持ちが離れてしまい、別れることになりました。

1度別れた相手とは復縁など考えられないので、もし元彼が良いのであれば、友達の関係に戻れたらなと思っていました。

元彼と私の卒業、そして再会

月日が流れ、高校3年生になりました。元彼と別れてからはなかなか彼氏もできずにいました。

そんな頃、元彼から誘いの連絡なども来ていましたが、復縁など考えられない私は、その連絡さえもめんどくさくなってしまい、連絡を拒むようになりました。

すると、意外にも元彼にすぐ彼女が出来、しかも、私と同じクラスで同じグループだった女の子と付き合った報告を受けました。

あんなにアプローチしてきてたのに、違う女の子を好きになったとなると、少し寂しくなりましたが、幸せになってほしいなと心から思っていました。

しかし、その女友達は、私に対しての嫉妬が強すぎて、恨み妬みが加わり、無視されるようになりました。

原因は、元彼が私との想い出の物を持っていたためで、そのことがきっかけで友達関係も崩れてしまいました。

元彼と友達関係に戻りたかったですが、そうもなれず彼女ができてしまったので復縁など考えることもなく、卒業を迎えてしまいました。

卒業式当日、元彼とは違うクラスだったため、元彼から話しかけたそうな、近づいてくるような雰囲気もありました。

ですが、元彼の彼女からはその頃も無視されてたこともあり、一切話すことなく、卒業式を終えました。

卒業してからは、元彼は専門学校へ、私は4年大学へ行くことになりました。

野球部に仲が良かった男友達がいたので、その子とはよく遊んでいました。

ある日、元彼を誘ってもいいか?と聞かれ少し戸惑いましたが、卒業してから2年も経つので懐かしい気持ちもあり元彼も含めみんなで飲み会をすることになりました。

相変わらず、優しくて男らしくて、あの頃と何も変わらない人の良さに、改めて素敵な人だなと思っていました。

その頃、元彼には付き合って1年ぐらい経つ彼女がいたので、馴れ初めなどを楽しく聞きながら、みんなと楽しい時間を過ごしていました。

元彼との運命の出会い、そして復縁へ

元彼とはその日以降会うことも連絡をとることもなく大学4年生になっていました。

そんなある日突然元彼から連絡がきました。

私は目を疑ってしまったのですがご飯のお誘いの連絡でした。

しかし、あの再会したときの彼女と続いてるのか聞いてみると続いているとの返信がきたのでどう言うつもりで連絡がきたのか不信感が募りました。

「彼女に私と遊びに行くことを言えないなら行けない」

と断ると元彼は納得し連絡がくることもなくなりました。

そして、社会人になり私はエステティシャンとして働くことになりました。

最初の3か月間は研修期間で、毎月10日間東京での研修があったのですが偶然元彼の妹も同じ会社で同じ研修期間だったのです。

元彼の妹は2歳年下で専門学校を卒業した後エステティシャンの道を選んだのです。

私は4年生大学を卒業した後エステティシャンの道を選んだため入社のタイミングが一緒になり本当に驚きました。

私のことを覚えてくれていたこともあり、元彼ともそのことがきっかけで連絡をとるようになりました。

その頃、彼女と別れたと聞いていたのでまた3年ぶりに再会し楽しい時間を過ごすことができました。

元彼も私も24歳になり結婚など将来の事を考えるようになってきていました。

しかし、なかなか元彼からのアプローチもなく復縁はやっぱり違うかな?と諦めてもいました。

しかし、元彼の誕生日が近づいていたのでご飯の約束をしていた日にプレゼントだけ渡して帰りました。

すると、まさかの告白をされたのです。

私の気持ちが分からずずっと悩んでいたと本音を聞くことができました。

そして、結婚前提に付き合って欲しいと言われそれから1年後には夫婦になりその1年後には家族になりました。

あの頃は予想もつかなかったことが今となっては本当に最高の幸せとなっています。元彼と出会ったことが私のゴールになりました。

無料タロット占い

無料タロット占い

プリンセス咲子のプロフィール




カテゴリー