元彼に待たされ過ぎて、気付いたら30代になっていた体験談

元彼と出会ったのは、私たちが19歳の頃。

計約10年付き合い3年のブランクがあり復縁し、結婚に至りました。

全くタイプじゃない元彼と付き合うまで


アルバイト先が同じで、同い年ということですぐに仲良くなりました。

元彼のことはタイプではないし、身長もそんな高くない、低学歴(失礼ですが…)顔もイケメンではない(またまた失礼)まったく恋愛対象ではありませんでした。

元彼から告白されたのは知り合って一年後くらいでした、元彼に対してまったく興味はなかったのですが、他の男性とは違い一緒にいて楽だとか、私に対して優しかった、そしてその時期私に彼氏がいなかったということもあり、まー付き合ってみるかと軽い気持ちで付き合い出しました。

それから大学も卒業し、就職。私は地元に残り就職、元彼も地元で仕事をしていましたが、付き合って6年目くらいに元彼は転勤で遠くに行ってしまいました。

まさかこんなに長くお付き合いが続くとは思いませんでしたし、この6年の間に彼がプロポーズしてくれなかったことにも驚きですし。

転勤のタイミングで結婚でもと言ってくれるもんだと思ってましたが、彼は笑顔で、じゃ!また連絡するね元気でねと私の元から新しい新居へ旅立っていきました。

元彼とは遠距離恋愛に耐え切れず破局


落ち着いてからプロポーズかな?と思っていたのに元彼は結婚の、けの字も言わず、数日が経ち数ヶ月経ち。

今まで約6年一緒にいたので、元彼のいなくなった生活はとても寂しく、毎日ぼーっと過ごしていました。

私も元彼についていけばよかったのですが、タイミング悪く仕事が楽しくなってきた時で、仕事を辞めるという選択肢はありませんでした。

お互い忙しくなり、連絡もしなくなっていきました。私もその頃は、まーいっか、6年も付き合ってプロポーズもしてくれない、お給料も高くない、そんな人と付き合っても将来見えない!と自分を慰めるよう思いながら一日一日を過ごしていきました。

今考えると、出会った当初、まったく興味がなかった元彼に私はとても惚れてしまっていたのです。

そんなこんなで、だんだん辛くなり元彼も忙しくなったのか自然消滅…7年も付き合ったのに…遠距離恋愛になって一年目のことでした。私の若い青春時代を返して!!と怒りを覚えながらも、元彼のことは心の片隅にいつもありました。

新しい彼がができても、元彼はあーしてくれてたとか、必ず比較してしまっていました。他の男友達と遊んでも、違う人を紹介されても、いつも元彼は私の心の片隅におりました。

元彼と復縁したい…と思って占いに

まず占いにいきました笑

元彼とは縁がないという人もいれば、元彼は運命の人だという人もいました。占いはあてになりませんでした。

自分から連絡するのはなんか嫌で、私から彼に連絡することはありませんでした。元彼に彼女ができたの共通の友達から聞き、とてもショックで、どうでもいい男友達と遊びまくりました。

少しでも元彼を忘れたいとも思いながらも、まったくタイプではなかった元彼の顔に似た人とも付き合いました。

性格は全然違いましたが、やはり元彼を忘れることはできませんでした。ずっとずっと私の心の片隅にいる悪魔め!と元彼のことを、とっても好きになってしまった…10代のような一途な想いに20代後半の私は心身ともに疲れてきました。

そんな中数年ぶりに元彼からLINEが!ウキウキして開けてみると、◯◯ゲームのお誘い…え…なにこれ。3年ぶりのLINEがこれ…なんかとても悲しかった。

悲しすぎて無視していると、元彼からごめん間違えた、元気?と…元気なわけあるか!と思いながらも、嬉しかったので、うん元気とだけ返信。

実は仕事がうまいこといかなくてとダラダラ言い訳メッセージが続き、そういえばもうすぐ誕生日やんね?おめでとうと言ってくれたので、私はじゃお祝いしてよ!と言ってみたら、OKとの返事。その時とてもテンションが上がったのを覚えています。

それから、某テーマパークで誕生日を祝ってもらい、なぜかそこでもう一度付き合ってくださいと…きたー!!復縁!!

もちろん、はい!!と言いたかったけど、少し虐めてやろうと思い、少し考えさせてと笑
そして数週間が私からお願いしますと言いめでたく、お付き合い再開、そしてトントンと結婚までいきました。

義母さんには、ほんとお待たせしましたと言われ、ほんと待たされましたと答えました。

無料タロット占い

無料タロット占い

プリンセス咲子のプロフィール




カテゴリー