予備校生の時に後ろの席だった男性と復縁し結婚した体験談

19歳の時、予備校生時代に付き合った男性と、大学卒業後、社会人になってから復縁し、結婚しました。

そんな元彼との出会いと別れ、復縁についてのエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

元彼との出会いのきっかけ


元彼との出会いは19歳、予備校生の時です。私と元彼は大学受験に失敗し、一年浪人していました。

予備校では座席が決まっていたのですが、元彼は私の後ろの席でした。

もともと女子高の出身で、同じ空間に男性がたくさんいることが不思議でしょうがありませんでした。

友達もおらず、これまでとがらっと変わった環境に私はとても戸惑っていました。そんなときに、後ろの席の元彼が私に話しかけてくれました。

肩をとんとんと叩かれ、読めば分かるプリントの書き方を聞かれました。そのあと、お互いに自己紹介をしたのを覚えています。

あとから聞いた話ですが、元彼自身も話しかけるのにとても緊張していたそうです。元彼はとてもかっこよくて、私自身もどきどきしました。

元彼は社交的で、同性・異性の友達がたくさんいました。元彼のおかげで友達を何人か増やすことができました。

元彼とも少しずつ話をするようになり、億劫だった予備校生活が楽しく感じました。
まさか私に好意を寄せてくれているとは思ってもいませんでした。

元彼との交際と別れ

私は寮生活をしていたのですが、同じ寮の、あまり話したことのない友達が突然部屋を訪ねてきました。

元彼と中学時代の同級生で、私のことをきにしてくれていること、メールアドレスを交換したがっていることを教えてくれました。

元彼は進学校の出身で頭がよく、とてもかっこいい人です。そんな人が私を気に入ってくれたことが信じられず、とても嬉しかったことを覚えています。

スポンサーリンク

私は喜んで元彼とメールアドレスを交換し、メールでやり取りをするようになりました。そのあと何度かランチや映画デートを重ねて、電話で告白されました。

私は人と付き合ったことも、告白されたこともありませんでした。私自身も好意を寄せていた元彼に告白されたことがとても嬉しくてドキドキしたのを覚えています。

でも、予備校生、浪人中、という自分の立場を考えると、異性と付き合うことにとても抵抗がありました。また、かっこよくて頭のいい元彼と自分が不釣り合いに見えて、過剰に周囲の目を気にする自分がいました。

ろくなデートもせず、メールや電話のやりとりをするだけで、一ヶ月程した後に私から別れを切り出しました。この一ヶ月は、友達同士だった頃よりも元彼との直接の会話をする機会が減っていました。予備校で私が避けていたのです。

元彼自身は交際を継続したがっていましたが、大学に受かるまでは友達でいること、大学生になってからまた付き合えたら、ということを話し、別れることになりました。

その後、元彼は関西、私は九州の大学に進学しました。連絡を取り合うこともなくなり、お互いにそれぞれの大学で彼氏・彼女を作りました。結局大学生時代に復縁することはありませんでした。

元彼と私の再会と復縁

大学卒業後、それぞれ東京の企業に就職しました。共通の友達はたくさんいたので、なんとなくお互いの近況は知っていました。

私は大学生の頃に付き合っていた人と別れたこともあり、元彼の事がとても気になっていました。

というか、大学に進学してからも、ほかに彼氏がいたときも、元彼のことを想っていました。

でも、自分で別れを告げたことや、元彼自身もきっと新しい恋愛を楽しんでいるだろうという思いから、復縁は考えられないと思っていました。

そんな社会人一年目の秋に、突然元彼からランチに誘われました。とても嬉しかったことを覚えています。

そこでたくさん話をして、相変わらず素敵な人だなあと思いました。その後、何度かデートを重ねたあとで、再び告白されました。

四年間想っていた元彼と、今度は堂々と付き合えることがとても嬉しかったです。

元彼自身は、予備校生時代に私が完全に気持ちが冷めたと感じ、好きだったけれどアタックするのをやめていたそうです。

復縁してからは、予備校生の時はできなかった水族館や遊園地でのデートや旅行をたくさんしました。

付き合って二年後、プロポーズしてもらい、今では大好きな元彼との間に娘が生まれました。

元彼=パパと娘と、家族としてこれからも仲良くしていければと思っています。

スポンサーリンク

無料タロット占い

無料タロット占い

プリンセス咲子のプロフィール

カテゴリー

人気ランキング