【未来メールのおまじない】絶対に連絡なんてできない元彼との復縁に!


元彼と復縁したいと思っているけれど、絶対に元彼には連絡できない。それでも忘れる事なんてできなくて、なんとかして元彼と会いたい、復縁したい。

そんな気持ちばかりで、実際にはなにもする事ができなくて毎日同じことばかり考えて。
次の人を探せばいいのかもしれないけど、そんなふうに考えることすらできないくらい元彼の事が忘れられない。

あなたのその願いをかなえてくれる素敵な【未来メールのおまじない】を紹介しましょう。

元彼との別れの原因が復縁を邪魔している

あなたと元彼の別れの原因となったのは、あなた自身の裏切りだった・・・としたら、自分からもう一度やり直して欲しいなんて言えない気持ちは分かります。

それでも、元彼の事が忘れられなくて、日々を過ごすのが大変なことも察する事ができますが、今、できることってほんとうに何もないのでしょうか。

あなた自身が元彼とやり直したいと考えているという事は、自分の過ちを振り返り反省していることですよね。

そして、その反省の結果として、元彼に対して申し訳なさや未練が出てきているのが現在のあなたの状況なのでしょう。

自分からは連絡はできない、とかたくなに信じ込んでいるあなたは自分のしてしまった過去の裏切りがどれだけ大きなものだったのか、もう分っているのでしょう。

だからこそ、元彼との過去の日々を思い出しては忘れられない元彼への想いを募らせているのでしょう。

そんな時に、もしも、元彼からの連絡を促す【おまじない】があるとしたら。

やってみたいと思ったあなたに、【未来メールのおまじない】の仕方を説明しましょう。

復縁に効くおまじないを元彼に試してみよう

元彼には連絡することはできない。でも、何とかして元彼の方から連絡が来るようにできないものだろうか。

そんな想いに応えてくれるのがこの【未来メールのおまじない】です。

この【未来メールのおまじない】は心理学的にも認められている効果を発揮する物ですので、試してみる価値はあると思いますよ。

【用意する物】

・メールの出来る携帯・パソコンなどのメディア

【方法】

①宛先  :自分にしてメールを新規作成します。

②タイトル:「願いがかないますように」

③本文  :1行目・願いがかなってほしい日付(正暦含む) 改行
2行目・相手の名前
3行目・願い事を過去形で書く

※3行目の願い事の書き方ですが、叶ってほしい実現の出来そうな状況を想像して、その場で元彼との偶然の出会いなどを、必ず誰がどんな風にしてこうなった、といった過去形で書くようにして下さい。

④メール送信:本文を書き終えたら、メール送信して、送信メールは削除してください。

※自分に送った受診メールは願いがかなって欲しい日付までは未読のままでおいておくこと。

【おまじない】が完了してから、願いのかなって欲しい日付までを楽しみに心待ちに過ごしましょう。

【おまじない】成就の当日に、願い事がかなった時にする事を忘れずに。

【かなった時】

未来メールにかいた通りの日付で願い事がかなった時は「ありがとうございました」と唱えて未読のままメールを削除してください。

【かなわなかった時】

残念ながらかなわなかった時は、「かないませんでした。次こそはかなえたい」と唱え、メールを既読にしてから削除してください。そして、再度チャレンジしましょう。

元彼と復縁できると信じて【おまじない】をしてみよう

元彼との復縁を強く信じ、願うことで【未来メールのおまじない】の効力を後押しすることになります。

あなた自身の強い願いが、元彼との縁を引き寄せるのだとイメージして下さいね。

信じることを具体的に文章にする事で、自分自身にもプラスのイメージを持つことができるようになるのがこの【未来メールのおまじない】の良いところでもあります。

【未来メールのおまじない】をより強力にするためには、メール本文の内容をより具体的にすることが効果的と言われています。

イメージが具体的になることで、その願いがかないやすくなるのです。

宣言効果というものに当たりますが、「こうなりたい」、ではなく「こうなる」、と宣言することでその目的や目標に対して無意識にパフォーマンスを向上させる効果があるのです。

【未来メールのおまじない】を信じて、元彼との復縁をかなえてくださいね。

自力で復縁する

無料タロット占い

無料タロット占い

プリンセス咲子のプロフィール

カテゴリー