復縁

セクキャバ好きの元彼と復縁したい

投稿日:2017年5月17日 更新日:

彼から別れたい理由を突き付けられて唖然とする、なんとセクキャバ通いを認めてもらえないことが理由の一つだった。

それでも元彼の事が好きで復縁したいと願う元彼女。セクキャバ通いを認めなければ復縁はできません。

どうやってセクキャバ通いを許せて復縁できるのでしょうか。

スポンサーリンク

元彼からの別れたい理由がたくさん!!

何年か付き合っていた彼から別れを切り出されてしまった彼女。別れたい理由がたくさんあって、初耳でびっくりしてしまった。

理由は自由な時間が欲しい、家事が苦手そうだから結婚しても彼に負担がかかりそうで嫌だ、スキンシップが多くて嫌だった。

一度別れを切り出したがそれ以後は愛情なく付き合ってきた、セクキャバ通いを止められて窮屈で信頼関係を築けなかった等。

こんなに沢山言われたらショックです。誰だって立ち直れないです、でもそれは元彼の気持ちであって彼女は元彼を愛しているのですから別れたくなかったはずです。

復縁したいと切望するのは当然だと思います。では別れの理由を一つ一つ直していけば元彼は復縁してくれるのでしょうか。どうすれば復縁できるのか考えてみましょう。

元彼との別れの理由を解決していく

元彼が言った別れの理由が本当かどうかは分かりませんが、とりあえず直せることは

努力してみましょう。自由な時間が欲しいというのは自由ではなかったという事ですよね。

元彼女は知らず知らずのうちに元彼を束縛していたのです。男性は自分の時間を大切にします。

そのあと余裕のある時間に恋愛を楽しみたいもの、それを知らずに何年も付き合っていたら

元彼は苦しかったと思います、よく我慢してくれていたと思います。そのことに感謝すべきでしょう、伝えてみましょう。

そうすれば元彼は分かってくれてたんだと喜ぶ思います、と同時に元彼女のことを見直し考えてくれる時間が増えますね。

家事が苦手そう、これは頭が痛いですが生活するのに家事は大切なことですから、これが出来ないとなれば復縁どころか結婚相手としても排除されてしまいます。

家事が嫌いなら嫌いでも出来る方法を考えれば良いのです。お料理はあらかじめ野菜を何日か分カットしておく、お肉類は味付けをして小分けして冷凍する、冷凍食品も用意しておく。

お米は無洗米など負担のないように工夫すれが楽にお料理ができると思います。掃除は掃除機が面倒なら床を拭く便利なものがあるので、ささっと拭けば結構きれいになりますよ。

スキンシップは苦手なら、そう教えてくれたのですからなるべくスキンシップをとらないように気を付ければいいだけの事で難しいことではなさそうです。

愛情が無くなった、これは悲しいですよね、元彼女は復縁したいとまで願っているのに、だから別れたのでょうか。

では復縁に向けて愛情をもってもらえるように、好きになってもらえるようにしましょう。

あとはセクキャバ通いですね。対策を練ってみましょう!

復縁のため元彼のセクキャバ通いを認めてみる

元彼だけでなくセクキャバ通いが好きな男性は「行かないで」と言われても隠れてコソコソ通ったりするものです。

セクキャバ通いを自然とやめてもらえたら復縁しても安心して付き合えますよね。でもそう簡単に止めてもらえるものではないようです。

セクキャバ通いは黙って内緒で通うからこそ刺激があって面白いようです。

そして1人で飲みに行くなら話を聞いてくれるところへ行きたい、どうせならセクキャバへと通い始めるのか最初の動機だと言われています。

キャバクラ嬢達はお客様のその日の気分に合わせて一緒にはしゃいだり、親身になって話を聞いてくれます。それが彼女たちのお仕事なので当然なのです。

だから、いやらしいとかネガティブなものはなく男性の憂さ晴らし、気分転換のお手伝いをしているのでセクキャバへ悪いイメージを持っているとしたら、まずその固定観念を変えましょう。

スポンサーリンク

元彼が仕事で嫌なことがあって家にすぐ帰りたくない時に、セクキャバで話を聞いてもらい気分が楽になってくれればストレスを溜めることなく過ごせます。

プラスになると考えてみてはどうでしょうか。セクキャバ通いを止めるのではなく「行って良いよと」と認めてみましょう。

そして「いつも行くお店の子ってどんな服装してるの」「どんな子たちがいるの」なんて聞いたりしょう。

そして時には行ってほしくない気持ちを我慢せず「嫉妬してしまうな」「なんだか不安になるわ」の程度で女性らしさを忘れないようにしてみましょう。

なんでも話してもらえるようにすれば信頼関係も築けて、隠し事がなくなってしまえば、刺激が無くなるので自然と足が遠のくのではないでしょうか。

これは復縁が出来てからの事になりますが、復縁を叶えるために元彼と連絡を取ったりする事必要ですからセクキャバ通いを肯定しているということを元彼に伝えましょう。

愛情が無くなった元彼の心を取りもどす

復縁にはこの事が一番大切なことですよね。だって愛情がないのに復縁はあり得ませんから。どうやって愛してもらえるのでしょうか。別れ話の時は愛情がないと思っていても

離れてみると元彼女の事を思い出すことがあるはずです。嫌な思い出も思い出すでしょうが、楽しかったことも必ず思い出すはずです。

その楽しかったことを思い出してもらう回数が増えると元彼の中で元彼女のことを考える時間が増えると言うことです。

それには元彼女が未練たらたらで失恋モードでいつまでもいるのは良くありません。だってもう一度好きになってもらうのですから、魅力的な女性にならなければ復縁はあり得ません。

別れた後に、元彼女が幸せ用にしている、綺麗になった、何か習い事や勉強に夢中になっているなどキラキラしていたら、元彼は元彼女の良さを思い出すのではないでしょうか。

「え?僕の知っている元彼女じゃない」ひょとして恋しているのかな?元彼がそう思ったら嫉妬心が出てきます。

自分から振ったんだけど、元彼女が変わってそれも新恋人ができたのかもしれないと思ったら、やり直したいと思って復縁できるのではないでしょうか。

元彼に愛される女性になる

復縁が叶ったとしても、もう目的は果たしたから良いや~なんて胡坐をかいていたら

元の木阿弥で彼は「なんだやっぱり何も変わってないじゃないか」と今度こそ本当に愛想をつかして二度と復縁できなくなってしまいます。

そうならないために、女性として愛され続けることが必要です。外見だけではなく内面が一番大切ななことですよね

いくら綺麗彼女でも、いつも人の悪口を言っていたり自分の人生に不満が多くその不満が外見にも出ているようでは彼だけでなく男性に嫌われてしまいます。

不満が多いということは人にせいにしてることが多いようです、だから自分の行動に責任が持て人のせいにしないこと

そして将来に希望を持つ明るく前向きな女性ならどうでしょう、彼は尊敬してずっと側にいて欲しいと復縁後は結婚したいと思ってくれるのではないでしょうか。

そして元彼がどうすれば元彼女と気持ちよく会話ができるかとか本を読んで勉強したり、努力し続けることが必要です。

その努力していることは内面を磨くことになり外見にも表れて復縁後のお付き合いが順調にいくことにつながると思います。

そしてもう一つ大切なことは、彼に合わせすぎない事です、嫌われたくないからと彼の理不尽な要求などはハッキリとNoと言う、断ることです。

素敵な女性は相手の事を考えて行動しますが、我儘を通してあげる事とは違います。

恋人でも対等な人間関係を保てないと相手に振り回されてしまうことになります。

それは彼が彼女を好きにできる対象としてみてしまうので、尊敬してもらえる対象ではなくなってしまうからです。

復縁するにしても復縁したとしても内面をレベルアップしてい行くことがなにより必要なことではないでしょうか。

スポンサーリンク

-復縁
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元カノの事が諦めきれない。どうすれば元カノとの復縁は叶う?

元カノと別れてから、3か月が経とうとしています。けれど、自分はどうしても元カノを諦めきれなくて、元カノにもそれを伝えてあります。 スポンサーリンク 元カノからは、友だちとしてならいいけど、もう、あなた …

何としてもよりを戻したい元彼はDV男でも好き

元彼と別れて三か月が経ちました。元彼との別れの原因は、元彼からのDVでした。私の受けた暴力は、私にとってトラウマとなっていて、男性が近寄るだけでも緊張するのが分かります。 警察沙汰にもなりました。だか …

新しい彼女のいる元彼と復縁に成功するには?

元彼と別れた理由はお互いの大切にするものがその時は違ったから。元彼の仕事上、転勤は必須。私も総合職で転勤辞令がいつ来るか分からない状態でした。 同じ会社ならまだ何とかなったかも、と思ったりもしたけれど …

元彼に距離置こうと言われて自分から分かれてしまったが復縁したい

スポンサーリンク 元彼に「距離を」距離を置こうと言われて、腹立ちまぎれに自分から別れを切り出してしまった。 あとでしまった、後悔して当然です。でも元彼にしてみれば別れになるとは思っていなかったはず。 …

元彼との友達以上恋人未満な関係は解消!復縁できる可能性は大!

元彼との別れを切り出したのは自分で、その束縛から逃れてほっとしていた筈なのに、友だち同士として連絡を取り合うようになったら、以前好きだったころの気持ちがよみがえってきてどうしようもなくなってしまって。 …